2月28日の三日月

  1. 2月28日はぼくにとって特別な日だ。単に2月の最終日というだけでなく(今年は違うけど)、2009年の今日、妻に初めて出会ったのだ。
  2. 11年も経ったことに驚くが、あの日のことをひっそりと記録に残しておく。
  3. 例えば大学のサークルで知り合ったとか、高校の同級生、とかだったら、初めて出会った日は記念日にならないかもしれない。
  4. 我々はピンポイントに共通の知人(会社の同期と先輩のカップル、現在は結婚した)に紹介されて4人で飲んだので、あの日は印象深い。
  5. 渋谷のしょんべん横丁(いまググるとのんべい横丁?と出た、後日確認)の洒落た焼き鳥屋でよく飲みよく食べた。
  6. あの日一番覚えていることは、集合前に時間があったのでハチ公前のTSUTAYAに行き、くるりの「三日月」を試聴したことだ。Wikipediaによると2/18発売だったらしい。
  7. あれ以来、三日月を見るたびにあの日のことを思い出すようになった。熱心なくるりのファンでもないのだが、人生の時の時を音楽と共に振り返ることができることを幸せに思う。
  8. この三日月をこの三日月を どこか遠くの街で見つけたら この三日月のこの三日月の 欠片のことを教えてください
  9. きのうまでウズベキスタンタシケントに出張していて、イスラムの墓地には三日月マークを掲げることを初めて知った。
  10. なるほど、岸田繁の歌詞をよく読み解くと、そういうことだったのかといま、11年の時を経て理解した
  11. 君と出会って僕は初めて ひとりでこの街を歩いてゆく この淋しさをこの淋しさを どうかやさしさに変えてゆきたい
  12. 三日月をどこか遠くの街で見つけたことも偶然だが、いまこの記事を書いている東海道線でひとり泣いている。

 

 

Groundwork

新年ここまで、正月ぽく過ごしつつ「土台づくり」について考えた。英語ではgroundworkというらしい。土耕す感じですね。

 

プロ野球でもドラフトで育成重視の年、とかいわれるけど、今年は長い目でみてすぐには成果出ないけど大事なことを厳選してやっていきたい。厳選、吟味に1か月かけるつもりの1月。

湘南国際マラソン2019報告


今年はひどい練習不足だったが,週2のジムは行っているし,途中に歩きをはさみつつ練習がてら走ろうと思いスタート。また,10月半ばに購入した5本指シューズVibram V-Runのデビュー戦ともなった。

結果,6キロをキロ5分40秒ぐらい,1キロ9分ぐらいの歩きをはさんで進めたところ後半にも超余裕が残り,ビルドアップしてスパートまでできた。34キロ過ぎの西湘バイパス上りを何の辛さもなく走って行けたのは感動的でさえあった。
歩きをはさんだのでタイムは平凡で,相変わらず湘南国際はサブ4手前で足踏みという感じだが,Vibramデビューとしては上出来だろう。
ちなみに,Vibramは最近の厚底ブームの対極にある薄底シューズであり,1週間経過した今でもまだふくらはぎと足の甲にダメージが残っている。ただ,ふくらはぎにダメージが行く分太ももにはかなり余裕ができ,それはいつも太ももが張って辛くなるぼくの下肢には合っているのだが,まだまだ履いての走り込みが必要である。何にせよ,この靴としばらく一緒に戦うことは決まった。

欠場,そして

チャレンジ富士五湖は,本番10日前からの相次ぐ発熱で残念ながら回避した。
準備不足もあったので,やはりどちらかというとウルトラマラソンは冬からのフルマラソンを経て春先に走るほうが,調整にフルマラソンを使えるので楽だなと思った。気をとりなおして,湘南国際マラソンを走る。